流山の野鳥

フィールドノート 2017年6月

■2017_05  ■2017_06  ■2017_07  ■FN_2017  ■ホーム


【1528】 2017年6月3日(土) 晴れ 新川耕地  華奢なコヨシキリの囀り。

◎ コヨシキリ
◎ コヨシキリ

1ケ月ぶりの耕地。 今日はケアセンタ付近から探鳥を開始した。 暫く歩くと、スズメ、カワラヒワ。 そして、セッカが元気に飛んでいた。 しかし、なかなか良いところにとまってくれなかった。

・歩道橋の上から、耕地全体を遠望するが、サギ類がポツンポツン程度で 少なめ。 どこかのコロニーで子育てに励んでいるのかも。 サシバのフィールド近くでは、巣立ちハシボソガラスが親に餌をねだっていた。
・斜面林を双眼鏡でサーチしていると茶色い飛翔体が見えた。 サシバだった。 どこに止まるか、双眼鏡で追ったが、サシバは上空を旋回し、斜面林の彼方へと消えた。
・さらに北上を続けると、田んぼの上を2羽のコチドリが「ピーピー」と鳴きながら追いかけっこ。 近くのアシ原ではオオヨシキリが賑やかに鳴いていた。
・その声に紛れて、聴きなれない小さな鳴き声。 時には、オオヨシキリの囀りに掻き消されそう。 コヨシキリなら、「ピーチュクル ピチュピチピー」と、もっとハデな声のはず。 しかし聴こえるのは、控えめな鳴き声、意識しなければ聴き逃すようなコヨシキリの囀りだった。
・耕地には1ケ月ぶりに訪れたが、コヨシキリは、すでに抱卵に入っているのかも知れない。 今日は2羽が確認できたが、やはり個体数が少ない。 無事に子育てを終え、来年もまた来てほしいものである。
・本日の野鳥は、キジ、カルガモ、キジバト、アオサギ、チュウサギ、コサギ、コチドリ、トビ、サシバ、ハシボソガラス、ヒバリ、ツバメ、オオヨシキリ、コヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ  (作成:2017年6月4日 18:00) 


【1529】 2017年6月4日(日) 晴れ 柏の葉周辺

◎ マガモ  ・可愛い目のマガモ♀。
◎ マガモ  ・可愛い目のマガモ♀。

久しぶりの訪問。 調節池は、スッカリ夏模様で、マガモ1ペアが見られたのみ。

・周回路では、ウグイスが囀っていたが、いる筈のホオジロとは出会わなかった。 また、公園内では、キジバトの姿が見えず、時折シジュウカラの声がするだけ。 周辺の森にも立ち寄ったが、キビタキの声は無かった。 ♀と巡り合えて 山に向かうことが出来たのだろうか。
・この 日照り続きで 森の池の水量は、20%程度まで減少。 小さな水路は完全に干上がっていた。
・本日の野鳥は、マガモ、キジバト、コゲラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ムクドリ、スズメ
<蝶>ルリシジミ、コジャノメ、ヒカゲチョウ、アゲハチョウ  (作成:2017年6月5日 21:00) 


【1530】 2017年6月5日(月) 晴れ 流山市 ツミの状況

○ ツミ (♂)
○ ツミ (♂)

1ケ月ぶりにツミの様子を見に行った。

 ① ♂が狩りに出掛け、♀は巣で留守番。
 ② 30分ほどして、♂が「キキキキ」と鳴きながら戻って来て、
 ③ ♂は高い所で羽毟り。
 ④ 暫くして、餌を受け取るため、♀が巣を出て♂の許へ。
 ⑤ そして、♀は けたたましく受け取り、巣へ戻って食事。
・全体の状況は1ケ月前と変わっていなかったが、『③調理する場所が格段に高いところ』 だったこと。 また、『⑤♀の食事が、受け取った場所でなく、巣へと持ち帰った』 ことなどから、抱卵中で やや神経質になっているのかと思われた。
・本日の野鳥は、キジバト、ツミ、オナガ、ツバメ、ムクドリ、スズメ  (作成:2017年6月6日 8:00) 


【1531】 2017年6月7日(水) くもり 北印旛沼

△ サンカノゴイ
△ サンカノゴイ

稲の背丈が未だ低い内にと思い、天候が芳しくなかったが、サンカノゴイを見に行った。

・8時現地着、4時間張り付いたが、サンカノゴイとの出会は、10時55分の1回だけ。
・沼側3ケ所から「ボウ ボウ」という鳴き声が聞こえていたので、テッキリ沼から飛び立つものと思い 狙っていたが、なんと、サンカノゴイは、田んぼ方向から飛来し、一旦、長門川まで飛び、そしてそこから折り返してきて、川べりのヨシ原に着地した。 田んぼ側は、何度も双眼鏡でチェックしていたが、見つからず 不意をつかれた格好だった。
・短い時間のお目見えだったが、数人居たギャラリーの誰もが満足そうな顔をしていた。
・その他では、ヨシゴイが、活発に飛び、また、眼の前のヨシにとまるなどして大サービス。 そしてチュウヒも飛び、またイメージとは異なる清楚なオオヨシキリとも出会うことができた。
・本日の野鳥は、キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、サンカノゴイ、ヨシゴイ、アオサギ、チュウヒ、ツバメ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ  (作成:2017年6月8日 21:00)


【1532】 2017年6月11日(日) くもり時々晴れ 新川耕地

◎ アマサギ
◎ アマサギ

1週間前に出会ったコヨシキリが、ここ数日 行方不明という。 午前中、ブラブラと田んぼを歩いたが、コヨシキリの声を聞くことは無かった。 昨年と同じパターンになりそう。

・元気いっぱいなのは、セッカ。 セッカ同士の追い掛けっこも見られ、また すぐ近くにとまることもあった。
・今日は、久しぶりにアマサギと出会うことができた。 相変わらず警戒心が強く 近づけなかったが、白い個体を含め 数羽が確認できた。
・運河では、カワセミの水浴びを見ることができた。
・本日の野鳥は、キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コチドリ、カワセミ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ホオジロ  (作成:2017年6月12日 9:00) 


【1533】 2017年6月14日(水) 霧雨 流山市

○ ツミ (雛)
○ ツミ (雛)

今朝は、霧雨が降っていたが、ツミの雛が誕生したということで,早速公園へ見に行った。

・巣に母親が入っているときは、雛は大人しく、外からは見えないが、親が巣を出て、居住スペースが広くなると、雛は活発に動いた。
・現地では、雛3羽まで確認できたが、4羽目は、帰宅してからPCで拡大して判明。 今年は、大忙しになりそう。
・また、近くでは、オナガが乱舞し ツミをモビングする場面も見られた。
・本日の野鳥は、キジバト、ツミ(♂/♀/雛)、オナガ、ムクドリ、スズメ    (作成:2017年6月15日 10:30)


【1534】 2017年6月18日(日) 曇り 柏の葉周辺

○ オシドリ
○ オシドリ

流山界隈では、2009年11月7日に 理窓公園で、オシドリ1羽を見たことがあったが、柏の葉周辺でオシドリを見たのは今回が初めて。

・調整池に着いて、双眼鏡で探すと、水際で眠るオシドリが 直ぐに見つかった。 近くに♀がいないかと、探したが、♀は見つからなかった。 群れから逸れた1羽なのかも知れない。
・理窓公園のときは、1日で抜けたが、今回は、3日ほど前から著名Blogに登場し、19日現在も滞在が確認されている。
・本日の野鳥は、カルガモ、キジバト、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ  (作成:2017年6月19日 19:30) 


【1535】 2017年6月19日(月) 曇りのち晴れ、20日(火)晴れ 流山市

○ ツミ (♀)
○ ツミ (♀)

一週間前は、未だ白い産毛に包まれていた雛も、一番、二番子の背は 色濃くなり、胸や腹にも褐色斑が出ていた。

・雛は、6羽 誕生したと聞いていたが、今回確認できたのは5羽。 6番子は、他と比べて小さいため、隠れて見えなかったかもしれない。
・昨日 今日の間では、成長の程度は分からないが、一週間前と比べると 成長著しい。

・本日の野鳥は、キジバト、ツミ、ムクドリ、スズメ、オナガ  (作成:2017年6月21日 8:00) 


【1536】 2017年6月24日(土) 晴れ 三番瀬

◇ ミヤコドリ
◇ ミヤコドリ

何も期待できない この時期だけれど、ひょっとして、何か珍しいものが迷い込んでいないかと思い、久しぶりに三番瀬へ行った。

・結果は、淋しいかぎり。 沖合の遠いミヤコドリを撮って帰って来た。
・本日の野鳥は、カワウ、アオサギ、ダイサギ、ウミネコ、ミヤコドリ (作成:2017年6月24日 20:30)