流山の野鳥


野鳥ノート 51 モズ科

チゴモズ   モズ   シマアカモズ   セアカモズ  タカゴモズ   オオモズ 


419 チゴモズ ◇

・稚児百舌 (英)Tiger Shrike (学)Lanius tigrinus

体形はモズと同じだが、やや小さく、嘴が太めである。 下面は白く、雌の脇腹には横縞斑がある。 繁殖は局地的で個体数が少ない。

・2007年6月23日 神奈川県 (♀)  本日の最初の一枚。 連写モードで撮影したが、2枚目は既に姿がなかった。   雌は雄に似るが、過眼線の黒味は薄く、脇から横腹にかけ、黒褐色の横斑がある。
・2007年6月23日 神奈川県 (♀)  本日の最初の一枚。 連写モードで撮影したが、2枚目は既に姿がなかった。   雌は雄に似るが、過眼線の黒味は薄く、脇から横腹にかけ、黒褐色の横斑がある。
・2007年6月23日 神奈川県 (♂)   ・他のモズ類に比べて尾が短く全体的に小さい。 しかし、嘴は大きい。
・2007年6月23日 神奈川県 (♂)   ・他のモズ類に比べて尾が短く全体的に小さい。 しかし、嘴は大きい。


420 モズ ◎★

・百舌 (英)Bull-headed Shrike (学)Lanius bucephalus

・秋のワタリと、冬鳥の渡来が交差する季節の端境期に、ひときわ存在感を示すモズの高鳴き。 「キチキチキチ」が聞こえたら、冬はもうすぐやって来る。

・雄の過眼線は黒、雌は褐色。
・捉えた昆虫や小動物を小枝などに刺して、早贄(はやにえ:初物の献上品)にする。
・留鳥または漂鳥。

・2003年12月07日 駒木ふるさとの森 ♂
・2003年12月07日 駒木ふるさとの森 ♂
・2005年3月12日 秋ケ瀬公園
・2005年3月12日 秋ケ瀬公園
・2006年9月30日 市野谷 ♀ 
・2006年9月30日 市野谷 ♀ 

2008年11月2日 利根運河  ・ホオジロがとまっていた電線に、あとから飛んで来たモズが占拠した。 ・秋のワタリと、冬鳥の渡来が交差する季節の端境期に、ひときわ存在感を示すモズの高鳴き、「キチキチキチ」。
2008年11月2日 利根運河  ・ホオジロがとまっていた電線に、あとから飛んで来たモズが占拠した。 ・秋のワタリと、冬鳥の渡来が交差する季節の端境期に、ひときわ存在感を示すモズの高鳴き、「キチキチキチ」。
・2012年7月3日 北印旛沼 巣立ち雛
・2012年7月3日 北印旛沼 巣立ち雛
・2014年2月10日 新川耕地
・2014年2月10日 新川耕地


421-1 シマアカモズ ※

・島赤百舌 (英Brown Shrike (学)Lanius cristatus lucionensis

 


422 セアカモズ ※

・背赤百舌 (英)Red-backed Shrike (学)Lanius collurio

・2013年3月20日、神奈川県で、極めて稀な迷鳥セアカモズと出会った。
・♂成鳥は、額から後頸にかけて青灰色で過眼線が黒い。 背や肩羽は淡い赤褐色。 頬、喉からの体下面は白っぽいが、胸から脇は淡いピンク色みを帯びる。
・チゴモズに似るが、チゴモズの嘴はもっと太い。

・2013年3月20日 神奈川県
・2013年3月20日 神奈川県
・2013年3月20日 神奈川県
・2013年3月20日 神奈川県


424 タカサゴモズ X

・高砂百舌 (英Long-tailed Shrike (学)Lanius schach


425 オオモズ △

・大百舌 (英)Great Grey Shrike (学)Lanius excubitor

・数少ない冬鳥または旅鳥。 

・2014年12月24日 渡良瀬遊水地
・2014年12月24日 渡良瀬遊水地
・2014.年2月24日 渡良瀬遊水地
・2014.年2月24日 渡良瀬遊水地