流山の野鳥

■アメリカムイクイ科  ■ホオジロ科(1)  ■ホオジロ科(2)


野鳥ノート 81 ホオジロ科(1)


610 ホオジロ ◎★

・頬白 (英Meadow Bunting (学)Emberiza cioides

・雌は過眼線が茶色。

・夏鳥。 

・2008年3月29日 北印旛沼
・2008年3月29日 北印旛沼


614 ホオアカ ○★

・頬赤 (英Chestnut-eared Bunting (学)Emberiza fucata 

・胸にT字形の黒斑があり、その下には茶色の横帯がある。 冬は全体的に淡色になる。

・留鳥または漂鳥であるが、夏は、亞高山の草原などに夏鳥としてし来し、冬は、本州以南の河川敷の草原、農耕地などに棲息する。

・2016年1月22日 新川耕地
・2016年1月22日 新川耕地
・2016年1月22日 新川耕地
・2016年1月22日 新川耕地
・2007年7月7日 日光戦場ケ原
・2007年7月7日 日光戦場ケ原

・ホオアカ 幼鳥 2007年7月7日 日光戦場ケ原
・ホオアカ 幼鳥 2007年7月7日 日光戦場ケ原


615 コホオアカ ◇

・小頬赤 (英Little Bunting (学) Emberiza pusilla


617 カシラダカ ◎★

・頭高 (英Rustic Bunting (学)Emberiza rustica 

・冬鳥として本州以南に渡来。

・2016年1月24日 新川耕地
・2016年1月24日 新川耕地
・2016年1月22日 新川耕地
・2016年1月22日 新川耕地
・2007年3月2日 山中湖
・2007年3月2日 山中湖


618 ミヤマホオジロ ○

・深山頬白 (英Yellow-throated Bunting (学)Emberiza elegans 

・オスは、頭部が黒く、眉斑と喉が黄色。 メスは、頭部が褐色、喉は、淡黄色。 

・冬鳥。

・♂ 2008年12月21日 高崎自然の森
・♂ 2008年12月21日 高崎自然の森

・暗い杉林の中では、撮影失敗。その後、付近の草地を歩いていると、小さな鳥が枝に飛びあがった。探していたミヤマホオジロだった。 

・♀ 2006年1月8日 八丁湖公園
・♀ 2006年1月8日 八丁湖公園


624-1 シベリアアオジ ※

・シベリア青鵐 (英Black-faced Bunting (学)Emberiza spodocephala spodocephala  


624-2 アオジ ◎★

・青鵐 (英Black-faced Bunting (学)Emberiza spodocephala 

・留鳥、漂鳥として本州中部以北の山地で繁殖し、冬は南へ移動する。

・2017年3月16日 高崎(つくば)自然の森
・2017年3月16日 高崎(つくば)自然の森
・2016年1月20日 松戸市
・2016年1月20日 松戸市
・2007年7月7日 日光戦場ケ原
・2007年7月7日 日光戦場ケ原

・青木橋を渡ると、「チュッピー チーチリリ チュー」と、アオジの囀りが聞こえてきた。



625 クロジ ○

・黒鵐 (英Grey Bunting (学)Emberiza variabilis

・留鳥又は漂鳥。 

・雌は、アオジに似るが、クロジは尾羽の外側が白くない。

・2009年4月18日 光ケ丘公園
・2009年4月18日 光ケ丘公園
・♀ 2009年4月18日 光ケ丘公園
・♀ 2009年4月18日 光ケ丘公園