流山の野鳥


野鳥ノート 38 フクロウ科


366 オオコノハズク ◇

・大木葉木菟 (英)Collared Scops Owl  (学)Otus lempiji


372 フクロウ ○

・梟 (英)Ural Owl  (学)Strix uralensis

・留鳥として九州以北に分布

・羽角がなく 顔は灰褐色でハート形の縁取りがある。

・2013年5月10日 船橋市
・2013年5月10日 船橋市


374 アオバズク ○

・青葉木菟 (英)Brown Hawk Owl  (学)Ninox scutulata

・羽角がない中型のフクロウ。 紅彩は黄色。 夏鳥。

・2017年5月23日 茨城県
・2017年5月23日 茨城県
・2012年6月29日 茨城県
・2012年6月29日 茨城県


375 トラフズク ○

・虎斑木菟 (英)Long-eared Owl  (学)Asio otus

・羽角が長くい中型のフクロウ。 紅彩はオレンジ色。

・本州中部以北は留鳥として繁殖、本州中部以南は冬鳥として渡来。

・巣立ち雛  ・2017年5月23日 埼玉県
・巣立ち雛  ・2017年5月23日 埼玉県
・巣立ち雛  ・2017年5月23日 埼玉県
・巣立ち雛  ・2017年5月23日 埼玉県


376 コミミズク ○★

・小耳木菟 (英)Short-eared Owl  (学)Asio flammeus

・夜行性であるが、 夕方、まだ明るいうちから、縄張りの偵察のため、飛ぶことがある。 特に 縄張りの狩り場に、他のコミミズクや、チョウゲンボウやノスリが侵入すると、威嚇のため飛び立つ。
・冬鳥として渡来。

・2013年1月24日 新川耕地
・2013年1月24日 新川耕地
・2006年1月22日 新川耕地  順光側に周り込む途中、気付かれて振り向かれ、飛び立たれました。
・2006年1月22日 新川耕地  順光側に周り込む途中、気付かれて振り向かれ、飛び立たれました。
・2006年1月22日 新川耕地  雪の畦道にいたところを発見。その後、飛び立ち、電線の上にとまって、すくなくとも40分はじっとしていた。
・2006年1月22日 新川耕地  雪の畦道にいたところを発見。その後、飛び立ち、電線の上にとまって、すくなくとも40分はじっとしていた。