流山の野鳥

■ミサゴ科  ■タカ科(1)  ■タカ科(2)


野鳥ノート 36 タカ科(1)


340 ハチクマ ○

・八角鷹 (英)Oriental Honey Buzzard  (学)Pernis ptilorhynchus

・トビよりやや小さく、翼の幅は広く、飛んでいるときに首が長く顔がスマートに見える。 尾は円尾 。 風切と尾の黒帯が細い。

・夏鳥

・2007年10月6日 武山
・2007年10月6日 武山

・ハチクマ成鳥は、換羽中に秋の渡りを行うことから、左右同じ位置で風切りが欠けているのは、欠損ではなく羽が伸びつつある状態。 

・2007年10月6日 武山
・2007年10月6日 武山

・頭が小さくスマートなのが特徴。
・暗色型♀成鳥。



342 トビ ◎★

・鳶 (英)Black Kite  (学)Milvus migran

 


345 オオワシ ◇

・大鷲 (英)Steller's Sea Eagle  (学)Haliaeetus pelagicus

・嘴は、オジロワシよりも大きくて黄色い。
・オジロワシは、尾のみが白いが、オオワシは、翼前縁も白い。
・オホーツク海沿岸で繁殖し、日本へは、冬鳥として主に北日本に渡来する。 国の天然記念物で、絶滅危惧Ⅱ類。

・大きな翼を広げ、大空を滑空する様は、雄大で感動的だった。
・2013年2月9日 涸沼

・2013年2月9日 涸沼

・オオワシが出現する方角は一定ではなく、どこから現れるか判らなかった。

 ・ハシボソガラスに追いかけられる。 翼開長の違いが判る。

・2013年2月9日 涸沼


 ・翼を縮めた。 2014.2.6 涸沼

 ・急降下した。 2014.2.6 涸沼



349 チュウヒ ◎

・沢鵟 (英)Eastern Marsh Harrier  (学)Circus spilonotus

・アシ原を、翼をV字形にして飛ぶ。  羽色に個体差が大きい。

・2010年1月11日 芝川調節池
・2010年1月11日 芝川調節池

・池の上を旋回していたが、150mほど先に舞い降りた。獲物は持っておらず、暫し休憩のようだった。

2008年10月10日 本新
2008年10月10日 本新

・ソアリングで飛んでいるときは、ノスリと思ったが、翼下面翼角の暗褐色の紋がないこことからチュウヒ。翼先分離数5もチュウヒの特徴。写真は、若干であるがV字飛行をしている。

・2006年1月29日 北印旛沼
・2006年1月29日 北印旛沼

・成田に着陸前の旅客機とチュウヒ。さらに手前では、ラジコン飛行機が飛んでいた。 


・2005年12月10日 北印旛沼
・2005年12月10日 北印旛沼

・アシ原を低く飛んでいた。



350 ハイイロチュウヒ ○

・灰色沢鵟 (英)Hen Harrier  (学)Circus cyaneus