流山の野鳥


野鳥ノート 27 シギ科(6)


257 アメリカウズラシギ △

アメリカ鶉鷸 (英)Pectoral Sandpiper (学)Calidris melanotos

・胸の縦斑部と腹の白との境が明瞭。
・嘴基部に黄色味が混じる。
・頭の赤褐色味が弱くキャップは不明瞭。

・日本には、数少ない旅鳥として渡来。

・2015年2月27日 稲敷市
・2015年2月27日 稲敷市

 



258 ウズラシギ ○

鶉鷸 (英)Sharp-tailed Sandpiper (学)Calidris acuminata

・成鳥夏羽は、頭頂の茶色がキャップ状に見える。 足は、緑黄色。

・近年棲息域の減少に伴い 数を減らしている。 旅鳥として渡来。

・2010年8月28日 稲敷市
・2010年8月28日 稲敷市


259 サルハマシギ ○

・猿浜鷸 (英Curlew Sandpiper (学)Calidris ferruginea


261 ハマシギ ◎

・浜鷸 (英)Dunlin (学)Calidris alpina


263 ヘラシギ △

・箆鷸 (英Spoon-billed Sandpiper (学)Eurynorhynchus pygmeus


264 キリアイ ○

・錐合 (英Broad-billed Sandpiper (学)Limicola falcinellus


266 エリマキシギ ○

・襟巻鷸 (英Ruff (学)Philomachus pugnax


268 アカエリヒレアシシギ ○

・赤襟鰭足鷸 (英Red-necked Phalarope  (学Phalaropus lobatus


269 ハイイロヒレアシシギ ◇

・灰色鰭足鷸 (英Grey Phalarope  (学Phalaropus fulicarius

・旅鳥で、通常は沖合を通過するが、春の風が強く吹いたときなどは、群れで沿岸部に出現することがある。
・アカエリヒレアシシギと比べて、ハイイロは、嘴基部が黄色いのが特徴。 また、嘴も太い。
・2012年、2013年の春の嵐のあと、谷津干潟で見られた。 

・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟

・2013年4月8日 谷津干潟
・2013年4月8日 谷津干潟