流山の野鳥


野鳥ノート 11 コウノトリ科


119 コウノトリ △

・鸛 (英Oriental Stork (学)Ciconia boyciana

・かっては、全国に生息していたが、野生での繁殖個体群は絶滅。 現在では、稀な冬鳥として大陸系が渡来。 国の特別天然記念物。


・2014年10月13日 神奈川県。
・2014年10月13日 神奈川県。
・2014年10月13日 神奈川県。
・2014年10月13日 神奈川県。
・2014年10月13日 神奈川県。
・2014年10月13日 神奈川県。


・装着していたカラーリングから、本個体は、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園で誕生し、飛び立たった個体 J0481(2013年5月16日生 オス 2013年7月25日自由飛び立ち)と判明。
・読売新聞や、コウノトリ湿地ネットによると、本個体は、9月3日頃から10月7日まで、滋賀県長浜市西浅井町田んぼに、他の7羽と一緒に滞在していた。
・また、葛西臨海公園・鳥類園Ⅱによると、2014年10月12日11:45頃、上の池の上空に7羽のコウノトリが現れ、10分間ほど観察されたとのこと。 よって、本個体は、何らかの理由で、この8羽の群れから離脱したものと思われる。

 

コウノトリ J0481の個体情報
・孵化年月日:2013年5月16日(現在、満1歳)
・孵化場所:兵庫県朝来市三保(35.29N、134.88E)
・標識年月日:2013年7月18日
・標識場所:兵庫県朝来市三保(35.29N、134.88E)
・足環の組み合わせ:右脚 青・緑、左脚 黄・黄
・環境省リング無し

 

・放鳥年月日:2013年7月25日