流山の野鳥


野鳥ノート 02 カモ科(3)

ツクシガモ  アカツクシガモ  オシドリ  オカヨシガモ  ヨシガモ  ヒドリガモ  アメリカヒドリ


021 ツクシガモ ◇

 筑紫鴨 (英)Common Shelduck (学)Tadorna tadorna

・冬鳥としておもに九州北部地方に飛来。 関東では珍しい。


・2007年2月17日 多摩川河口
・2007年2月17日 多摩川河口
・2007年2月17日 多摩川河口
・2007年2月17日 多摩川河口
・2007年2月17日 多摩川河口
・2007年2月17日 多摩川河口


022 アカツクシガモ △

 赤筑紫鴨 (英)Ruddy Shelduck (学)Tadorna ferruginea

・♀は、頭部が♂よりも白っぽく、頸輪が無い。

・数少ない冬鳥


・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)
・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)
・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)
・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)
・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)  奥はカルガモ
・2010年11月13日 菊田水鳥公園 (♀)  奥はカルガモ


024 オシドリ ○★

鴛鴦 (英)Mandarin Duck (学Aix galericulata

・♂は、翼のイチョウ形の羽が特徴。 ♀は、灰褐色。 漂鳥または留鳥。


・♂  2013年2月21日  明治神宮
・♂  2013年2月21日  明治神宮
・♀  2013年2月21日  明治神宮
・♀  2013年2月21日  明治神宮
・オシドリ 2009年11月7日 理窓公園
・オシドリ 2009年11月7日 理窓公園

・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園
・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園
・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園
・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園
・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園
・オシドリ 2017年11月2日 理窓公園


026 オカヨシガモ ◎★

丘葦鴨 (英)Gadwall (学)Anas strepera

・雌はマガモの雌に似るが、嘴が橙黄色で、上嘴に黒色部がある。 冬鳥


・2007年2月11日 柏の葉公園
・2007年2月11日 柏の葉公園
・オカヨシガモ 2017年11月16日 柏の葉第二調整池  ・ヨシガモとの過去の交雑の遺伝子を受け継いでいると思われる個体。
・オカヨシガモ 2017年11月16日 柏の葉第二調整池  ・ヨシガモとの過去の交雑の遺伝子を受け継いでいると思われる個体。
・オカヨシガモ 2017年11月15日 柏の葉第二調整池
・オカヨシガモ 2017年11月15日 柏の葉第二調整池

・オカヨシガモ 2017年11月19日 流山市市野谷
・オカヨシガモ 2017年11月19日 流山市市野谷
・オカヨシガモ 2017年11月19日 流山市市野谷
・オカヨシガモ 2017年11月19日 流山市市野谷
・オカヨシガモ 2017年12月3日 柏の葉公園
・オカヨシガモ 2017年12月3日 柏の葉公園

・2018年3月6日 柏の葉第一調節池
・2018年3月6日 柏の葉第一調節池


027 ヨシガモ ○★

・葦鴨 (英)Falcated Teal (学)Anas falcata

・三列風切の羽が尾を隠すほど長い。 雄の頭部は、ナポレオンの帽子の形に似ている。 冬鳥


・2013年2月22日 柏の葉公園
・2013年2月22日 柏の葉公園
・2017年11月13日 柏の葉公園 ・朝日を受けて赤紫色に反射。
・2017年11月13日 柏の葉公園 ・朝日を受けて赤紫色に反射。
・ヨシガモ 2017年12月26日 柏の葉公園
・ヨシガモ 2017年12月26日 柏の葉公園

・ヨシガモ 2018年1月4日 柏の葉第2調整池  完全結氷の調整池にて。
・ヨシガモ 2018年1月4日 柏の葉第2調整池  完全結氷の調整池にて。
・ヨシガモ(中央)と、カルガモ 2018年1月4日 柏の葉第2調整池
・ヨシガモ(中央)と、カルガモ 2018年1月4日 柏の葉第2調整池
・2018年2月15日 第2調整池
・2018年2月15日 第2調整池

・2018年2月15日 第2調整池
・2018年2月15日 第2調整池
・2018年3月6日 柏の葉第一調節池
・2018年3月6日 柏の葉第一調節池
・2018年3月6日 柏の葉第一調節池
・2018年3月6日 柏の葉第一調節池


028 ヒドリガモ ◎★

・緋鳥鴨 (英)European Wigeon (学)Anas penelope

・2013年2月17日、じゅんさい池で、アイリングの白いカモを発見した。 咄嗟に浮かんだ名前は「メジロガモ」。 しかし、誰も注目していない。 ならば、何かとの交雑体かと思い、帰ってから調べると、部分白化のアイリング型らしいことが判った。 ここでは、以前から観察されているようで、今年に限ったことではないとのこと。
・カモ類でアリングが白いものは、オシドリ♀、ホシハジロ♀、クビワキンクロ♀など。 ちなみに、名前的にもっとも近いメジロガモの白いところは、アイリングではなく虹彩部分。

・ヒドリガモ 2018年1月9日 利根運河
・ヒドリガモ 2018年1月9日 利根運河
・2013年2月17日 じゅんさい池緑地 (♀)
・2013年2月17日 じゅんさい池緑地 (♀)
・2018年3月15日 第2調整池
・2018年3月15日 第2調整池

 ・2013年2月17日 じゅんさい池緑地
・2013年2月17日 じゅんさい池緑地
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園

・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園
・「ヒドリガモ X アメリカヒドリの遺伝子を持つ個体  2017年12月2日 柏の葉公園


029 アメリカヒドリ ◇

・アメリカ緋鳥 (英)American Wigeon (学)Anas americana

・ヒドリガモの群れの中に混じっていることが多い。 ♂は、頭上は白く、目の後の部分が緑の光沢。

・冬鳥として全国に渡来するが、数は多くない。


・2013年1月19日 浦安海岸
・2013年1月19日 浦安海岸
・2009年12月13日 新浦安
・2009年12月13日 新浦安
・2009年12月13日 新浦安  ・手前左♂、右♀で、 奥はヒドリガモ♀。  ♀は、ヒドリガモメスに似るが、顔色が、灰色みを帯び、ヒドリガモのように明るくはない。
・2009年12月13日 新浦安  ・手前左♂、右♀で、 奥はヒドリガモ♀。  ♀は、ヒドリガモメスに似るが、顔色が、灰色みを帯び、ヒドリガモのように明るくはない。

・2008年2月10日 新浦安 交雑種  ・本個体は、目の後の緑色部分が少なく褐色。 また、額はクリーム色みが強い。
・2008年2月10日 新浦安 交雑種  ・本個体は、目の後の緑色部分が少なく褐色。 また、額はクリーム色みが強い。