流山の野鳥


野鳥ノート 02 カモ科(2)

コブハクチョウ  コハクチョウ  アメrカコハクチョウ  オオハクチョウ


017 コブハクチョウ ◇★

・瘤白鳥 (英)Mute Swan  (学)Cygnus olor

・嘴は赤橙(成鳥)、黄色(若鳥)で先端から上嘴の縁、鼻孔、基部から目先は黒い。

・本来はまれな迷鳥であるが、最近は飼育・観賞用として移入されたものが、湖沼などで繁殖している。


・2002年4月7日 手賀沼
・2002年4月7日 手賀沼
・2007年12月28日 皇居
・2007年12月28日 皇居


019 コハクチョウ ◎

・小白鳥 (英)Tundra Swan  (学)Cygnus columbianus

・オオハクチョウに似ているが、ひと回り小さく嘴の黄色い部分は小さい。 冬鳥。

・2008年1月13日 菅生沼
・2008年1月13日 菅生沼
・2008年1月13日 菅生沼 幼鳥 全体が灰褐色で嘴がピンク色。
・2008年1月13日 菅生沼 幼鳥 全体が灰褐色で嘴がピンク色。


019-2 アメリカコハクチョウ ※

アメリカ小白鳥 (英)Mute Swan  (学)Cygnus cygnus  columbianus

・コハクチョウの亜種で、冬鳥として少数が渡来する。
・コハクチョウよりやや大きく、嘴の殆どが黒く、眼先に小さい黄色斑がある。


・2012年1月4日 栄町
・2012年1月4日 栄町
・2012年1月4日 栄町  ・一番手前の黒い嘴がアメリカコハクチョウ。
・2012年1月4日 栄町  ・一番手前の黒い嘴がアメリカコハクチョウ。


020 オオハクチョウ ◎

・大白鳥 (英)Mute Swan  (学)Cygnus cygnus

・嘴は、基部が黄色く.先端と下嘴が黒。 コハクチョウよりひとまわり大きく、嘴の基部黄色の面積が広い。 冬鳥。


・2002年12月15日 宮城県加瀬沼
・2002年12月15日 宮城県加瀬沼
・2002年12月15日 宮城県加瀬沼
・2002年12月15日 宮城県加瀬沼