流山の野鳥

■コウノトリ科  ■ウ、ペリカン科  ■サギ科(1)


野鳥ノート 14 ウ科


125 ヒメウ ○

・姫鵜 (英)Pelagic Cormorant  (学)Phalacrocorax pelagicus

・日本産ウ類では最小で、体と嘴がスマートなため、‘姫’とついた。 顔の裸出部が僅かなため、顔全体が黒く見える。

・北海道や本州北部で繁殖。 冬には、九州以北で見られる。


・2010年3月27日 銚子港
・2010年3月27日 銚子港


127 カワウ ◎★

・河鵜 (英)Great Cormorant  (学)Phalacrocorax carbo

・留鳥


・2005年11月5日 盤洲干潟
・2005年11月5日 盤洲干潟

・円周池の中のカワウ。10時ごろ、50羽ぐらいが一斉に海の方に飛び立ったが、昼過ぎには順次戻ってきた。



128 ウミウ ◎

・海鵜 (英)Japanese Cormorant  (学)Phalacrocorax capillatus

・カワウに似るが、体の大部分は、光沢のある黒緑色。 口角の尖がりでカワウと見分ける(カワウの口角は丸みを帯びる)。
・留鳥または冬鳥。


・2010年2月14日 銚子港
・2010年2月14日 銚子港

・黒緑の光沢ある翼。

・2010年2月14日 銚子港
・2010年2月14日 銚子港

・体の下面が白いので幼鳥。 目のあたりが可愛い。 ペンギンのように見えた。

・2010年3月27日 銚子港
・2010年3月27日 銚子港

・嘴が黒く、頭、頸、腿部に白色羽が出た婚姻色のウミウ。



野鳥ノート 15 ペリカン科


129 モモイロペリカン X

・桃色伽藍鳥 (英)Great White Pelican  (学)Pelecanus onocrotalus

・アフリカ、ヨーロッパ東部、南アジアに分布し、稀な迷鳥又は籠抜け。 北印旛沼のモモイロペリカンは有名。


・2006年7月28日 北印旛沼
・2006年7月28日 北印旛沼
・2007年4月7日 北印旛沼  ・漁のボートが船着き場を出ると、後を追うように飛び立った。よたよた歩く地上の姿からは考えられない見事な飛びだ。それにしてもデカイ。漁師さんの顔色を覗いながら、『エイッ!』と飛び乗った。
・2007年4月7日 北印旛沼  ・漁のボートが船着き場を出ると、後を追うように飛び立った。よたよた歩く地上の姿からは考えられない見事な飛びだ。それにしてもデカイ。漁師さんの顔色を覗いながら、『エイッ!』と飛び乗った。