流山の野鳥

フィールドノート 最新


【1663】 2018年5月22日(火) 晴れ  流山市

○ ツミ
○ ツミ

・4月末は、まだ巣造り中だったが、5月の初めに抱卵に入り、今日で3週間ほど経過している。 ♀は巣で抱卵し、♂から餌を受け取るときしか巣から出てこないが、♂は、♀への給餌のための狩りと外敵に対する警戒などから動きは活発だった。

・本日の野鳥は、ツミ、キジバト、オナガ、ムクドリ (掲載:2018年5月22日 15:00)

○ ツミ
○ ツミ
○ ツミ
○ ツミ
◎ キジバト
◎ キジバト
◇ オナガ
◇ オナガ


【1661】 2018年5月20日(日) 晴れ  水元公園

○ サンコウチョウ (♀)
○ サンコウチョウ (♀)

所用を午前中で済ませ、無謀にも午後から水元公園へ行った。

・休日の午後とあって、広場は人出でごった返していたが、BWの樹林帯は、人も少なく その喧騒は届いてこなかった。

・葉が密生する木立を眺めていると、日陰の中で何やら黒いものが チラッ と見えた。 忙しく動いている。 ファインダでは目標を捉える事が出来ないので 当てずっぽうでシャッターを押してみると サンコウチョウ♀が写っていた。 その他では、キビタキ♀が見られた。
・本日の野鳥は、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、コゲラ、サンコウチョウ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、キビタキ♀、スズメ、ハクセキレイ (掲載:2018年5月21日 19:00)


【1660】 2018年5月19日(土) 曇りのち晴れ  新川耕地

○ サシバ
○ サシバ

土曜日であるが工事が行われており不安になったが、1時間ほど待っているとウォッチングポストにサシバが飛来した。 暫くして飛び出し、盛り土から何かを捕ったあと、森の奥へと飛び去った。

・本日の野鳥は、キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、サシバ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ホオジロ  (掲載:2018年5月20日 8:00)

○ サシバ
○ サシバ
○ サシバ
○ サシバ
・後頭掻き
・後頭掻き

○ サシバ
○ サシバ
◎ キジ
◎ キジ
◎ キジ
◎ キジ

◎ セッカ
◎ セッカ
◎ オオヨシキリ
◎ オオヨシキリ

◎ ダイサギ
◎ ダイサギ
◎ チュウサギ
◎ チュウサギ

※ 利根運河の守り神 ビリケン(BILLIKEN)
※ 利根運河の守り神 ビリケン(BILLIKEN)
※ ビリケンは、 アメリカ生まれで、尖った頭と吊り上った目が特徴の 子供の姿をした福の神。 100年以上、利根運河と地域の安全を守り続けてきたが、2018年4月2日、ビリケン像の損壊事件が発生し、現在修復中。 写真は、急遽 大阪通天閣より寄贈されたビリケン像。
※ ビリケンは、 アメリカ生まれで、尖った頭と吊り上った目が特徴の 子供の姿をした福の神。 100年以上、利根運河と地域の安全を守り続けてきたが、2018年4月2日、ビリケン像の損壊事件が発生し、現在修復中。 写真は、急遽 大阪通天閣より寄贈されたビリケン像。


※ これより以前の記事は、フィールドノートに記載しています。