流山の野鳥

フィールドノート 最新


【1715】 2018年9月20日(木) 曇り 柏の葉周辺

○ コムクドリ
○ コムクドリ

生憎の天気だったが、再びコムクドリに会いに行った。 今日は寄り道せず、昨日の場所へ直行。 すると、直ぐに、コムクドリの小群れと遭遇した。 後を追い掛けて行くと、電線に9羽のコムクドリがとまっていた。 ムクドリは混じっておらず、9羽ともコムクドリだった。

・その後、コムクドリは、近くのコブシの木や、電線、立ち枯れた木など、ムクドリと一緒になりながら 活発に動いていた。 越冬の地へ渡るギリギリに出会えて、幸運だった。
・さらに、今日は、チョウゲンボウやサシバの飛翔が見られた。 サシバも見おさめか。
・本日の野鳥は、カルガモ、キジバト、アオサギ、サシバ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ (掲載:2018年9月21日 16:00)

○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ サシバ  ・渡りゆくサシバ。 仲間と合流しながら南下してゆく。
○ サシバ  ・渡りゆくサシバ。 仲間と合流しながら南下してゆく。
○ サシバ  ・暫し休息。 正面へと接近を試みたが、手前の木が邪魔し、見えなかった。
○ サシバ  ・暫し休息。 正面へと接近を試みたが、手前の木が邪魔し、見えなかった。

○ サシバ
○ サシバ

【1714】 2018年9月19日(水) 晴れ 柏の葉周辺

○ コムクドリ
○ コムクドリ

この夏は、とんと縁がなかったコムクドリ。 昨年まで見られたポイントを何度も訪れたが、カラ振リばかり。

・空の雲を見ながら林縁を歩いていると、約10羽の小群れが飛んでいるのが見えたが 同定できなかった。 飛び方は、ムクドリのよなバタバタ感は無く、統率されたハトのようで、体は小さく、白っぽかった。
・大きさや色合いから、エゾビタキの小群れかと思ったが、前日にコムクドリの小群れ情報があり コムクドリの可能性が強かった。
・さらに、先へ行くと、ギュルギュルという声が聴こえて来た。 電線にムクドリの群れ。 その中に、コムクドリ3羽が混じっていた。
・キャンパス西の調整池のカルガモ雛5羽は健在。
・本日の野鳥は、カルガモ、キジバト、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、 (掲載:2018年9月20日 21:00)

◎ムクドリ の群れと、3羽の ○コムクドリ
◎ムクドリ の群れと、3羽の ○コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ
○ コムクドリ

○ コムクドリ
○ コムクドリ
◎ ムクドリ
◎ ムクドリ
◎ モズ
◎ モズ

◎ カルガモ  キャンパス西のカルガモ雛5羽は健在。 向かって右端が親鳥。
◎ カルガモ  キャンパス西のカルガモ雛5羽は健在。 向かって右端が親鳥。
◎ セグロセキレイ  ・セグロセキレイを見れば、何故かシャッターを押している。
◎ セグロセキレイ  ・セグロセキレイを見れば、何故かシャッターを押している。

※ うろこ雲  ・雨の前触れ。 秋雨前線の端っこにできる 『うろこ雲』。
※ うろこ雲  ・雨の前触れ。 秋雨前線の端っこにできる 『うろこ雲』。
※ コブシの実  ・ゴツゴツした実の形状からゲンコツをイメージし、コブシと名がついた。
※ コブシの実  ・ゴツゴツした実の形状からゲンコツをイメージし、コブシと名がついた。


※ これより以前の記事は、フィールドノートに記載しています。