流山の野鳥

サイトガイド


1)リンク表記

  リンクは、下記のように ■  と  フォントの色で非リンクと区別しています。

  ■リンク先  又は ■リンク先


 (2)難易度表記 (◎○△X※など)

  フイールドノートの中で、鳥名に付した記号◎○◇△Xは、『日本の鳥550水辺の鳥』(桐原政志/解説)/文一総合出版)及び、  『日本の鳥550山野の鳥』(五百沢日丸/解説)/文一総合出版)から転載たもので、意味は下記の通り。

 

◎ 日本全土~半分以上の地域で繁殖ないし越冬するか、渡りの途中に通過し、個体数も多い種。

  カワセミ、アカゲラ、ノビタキ、キビタキ、オオルリ、マヒワ、ベニマシコなど。

○ 日本全土~半分以上の地域で繁殖ないし越冬するか、渡りの途中に通過し、個体数が◎よりも少ない種。

  クサシギ、タカブシギ、オグロシギ、コマドリ、ルリビタキ、サンコウチョウ、ホオアカ、ミヤマホオジロなど。

◇ 日本の半分以下の地域で繁殖ないし越冬するか、渡りの途中に通過する種

    ミミカイツブリ、トモエガモ、アメリカヒドリ、ミヤコドリ、オオメダイチドリ、メリケンキアシシギ、シラコバト、オオセッカ、オナガなど。

△ ①毎年あるいは、ほぼ毎年、日本のどこかに飛来する程度で、出現頻度が、◇より高くない種

   ②ごく狭い地域でのみ繁殖し、数も少ない種。
     サンカノゴイ、オオヨシゴイ、カラフトアオアシシギ、セイタカシギ、カナダカモメ、オニアジサシなど。

X 日本には、ごく稀にしか飛来しない種。

  キョクアジサシ、コノドジロムシクイ、キガシラシトド、ノハラツグミなど。

※ 前述の図鑑未掲載のものや、亜種で稀なもの。

  キズタアメリカムシクイ、ハチジョウツグミなど。


3)お問い合せについて

 ご感想、ご意見等は、下記までお願いします。

 但し、撮影場所に関するお問い合せには、お答えできません。HPで公開している範囲でご推察願います。

 メールアドレス:sugibird◎r2.○.ne.△
   ◎は@、○はdion、△はjpに置き換えてください。

  『流山の野鳥』に寄せられた意見、感想等で、当ウェブサイトに有益と思われる内容のものは、ご本人の承諾なく、当ウェブサイトに匿名で掲載させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承願います。 


(4)参考図書など

  (1) 『日本の野鳥590』 大西敏一/解説、真木弘造/写真、平凡社

  (2) 『日本の野鳥650』 大西敏一、五百澤日丸/解説、真木弘造/写真、平凡社

  (3) 『日本の鳥550 水辺の鳥』 桐原政志/解説、山形則男・吉野俊幸/写真、文一総合出版

  (4) 『日本の鳥550 山野の鳥』 五百沢日丸/解説、山形則男・吉野俊幸/写真、文一総合出版

  (5) 『比べて識別 野鳥図鑑670』 永井真人/著、茂田良光/監修、文一総合出版

  (6) 『世界文化生物大図鑑 鳥類』 小林公成/発行、世界文化社

  (7) 『ネイチャーガイド・シリーズ 世界の鳥たち』 デイヴィッド・バーニー/文、後藤真理子/訳 化学同人

  (8) 『山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥』 叶内拓哉/写真・解説、山と渓谷社

  (9) 『フィールドガイド 日本の野鳥』 高野伸二/著、日本野鳥の会

  (10) 『北海道 野鳥図鑑』 河井大輔・川崎康弘・島田明英/著、亞璃社

  (14) 『カモメ観察ノート』 永井真人/文・写真、文一総合出版

  (15) 『ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑』 真木広造/写真・解説、平凡社

  (16) 『新訂 ワシタカ類 飛翔ハンドブック』 山形則男/著、文一総合出版

  (17) 『カモメ識別ハンドブック 改訂版』 氏原巨雄・氏原道昭/著、文一総合出版

  (18) 『シギ・チドリ類ハンドブック』 氏原巨雄・氏原道昭/著、文一総合出版

  (19) 『決定版 日本のカモ 識別図鑑』 氏原巨雄・氏原道昭/著、誠文堂新光社

  (20) 『カモ ハンドブック』 叶内拓哉/著、文一総合出版

  (21) 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』 阿部直哉/解説、叶内拓哉/写真、山と渓谷社

  (22) 『鳥の名前』 大橋弘一/著、東京書籍

  (23) 『難読誤読 鳥の名前漢字よみかた辞典』 大高利夫/発行、日本アソシエーツ

  (24) 『野鳥と木の実ハンドブック』 叶内拓哉/写真・文、文一総合出版